アトピー

アラキドン酸とDHAの魅力的な効果

アラキドン酸は不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸という種類で、この脂肪酸は体内で作る事が出来ない脂肪酸なので、アラキドン酸が含まれている食品を摂取し、体内で合成することが必要です。
アラキドン酸は体内の免疫調整をおこなったり、血圧コントロールをしたり、記憶や学習能力を向上させるなどの様々な働きを持っています。

同じ多価不飽和脂肪酸の中で、DHAは以前から人の体にとてもいい効果をもたらすとして知られています。
DHAはドコサヘキサエン酸といい特に青魚に豊富な成分で、アラキドン酸同様、脳細胞に効果的に働く脂肪酸です。
両方とも体内で作ることができない必須脂肪酸、つまり、食品などから摂取するしかない重要な成分です。

赤ちゃんは3歳まで非常に活発な脳細胞の発達を見せますが、この際、DHA、アラキドン酸共に必要不可欠な成分です。
乳児は母乳からこれらの成分を摂取し、脳細胞の発達に役立てています。

DHAもアラキドン酸も脳細胞に深い関係を持っているので、記憶や学習などの能力をアップさせるためにも重要な成分です。
年齢を重ねるとこうした脂肪酸の体内合成が活発でなくなってしまうので、食品から意識的にこの両方の成分を摂取し、体内で効果的に利用する事が必要です。

このページの先頭へ