アトピー

学習能力を引き上げるアラキドン酸

近年の研究から、脳細胞が大人になってからも新生するという事がわかってきています。
生まれてから数年のこどもを見ていると、驚くほど様々なことを学習していきますが、これは脳が発達、成長段階にあるからです。
色々なことをどんどん吸収していくため、年齢が幼い時期からスポーツや習い事を行うのが重要といわれます。

赤ちゃんが誕生して半年は特に爆発的といっていいほどの脳細胞の成長があり、その学習能力は目を見張るものがあります。
この時期、特にアラキドン酸が重要で、母乳や粉ミルクのみで栄養を摂取する時期にある乳児に対し、アラキドン酸が豊富に含まれている母乳や粉ミルクを飲ませることが脳細胞の成長に必要不可欠な事とわかっています。

大人になってからも常にアラキドン酸が体内に必要量あることが、健康的な生活、また学習意欲にあふれた生活に欠かせないのです。
いくつになっても学習する意欲が衰えない方々、いくつになっても色々なことに興味を持ち、アクティブに学習していく方々は痴呆症状を起こさないと言います。
学習する力が高いという事は、子供にとっては物事の吸収力、大人にとっては記憶力を衰えさせないために必要不可欠な力なのです。
年齢や栄養摂取の状態などをよく理解し、アラキドン酸が体内で有効的に働けるよう、適用量摂取していきたいものです。

このページの先頭へ