アトピー

アラキドン酸に関する過剰摂取

日本人の食生活は大きく変化しました。
昔は野菜、海藻、豆類、そして少量の魚などのたんぱく質を摂取するという食生活でした。
でも現在は多くのご家庭で欧米的な食事になっています。
肉類が中心、脂質が多く野菜が少ない、添加物もかなり多く摂取しています。
アラキドン酸の摂取量から行くと、50年前と比較して約4倍となっているといいますので、食生活が大きく変化したことが理解できます。

アラキドン酸は適量が体内にあればこそ、体にいい効果をもたらします。
でもあまりにも過剰摂取となってしまうと、アレルギー症状を起こしたり、高血圧が助長されてしまったり、発がんの可能性すらあるとされているくらいです。

ここで知っておいてほしいのは、成人、若い世代でアラキドン酸が不足するということは現代の食生活に置いてありえないことだという事です。
通常、極端な栄養失調状態、例えばかなり強度な食事制限のダイエットなどを行わない限り、『成人においては』アラキドン酸が不足するという事はあり得ないのです。
そのため成人の場合、極度な栄養失調など以外は、サプリメントなどの利用で過剰摂取となる事があります

ただこの成分が体内で不足している場合、集中力の低下や記憶力の低下などが考えられます。
特に体内機能が低下するご高齢者はサプリメントなどでサポートしていくことを考える必要があります。


このページの先頭へ