アトピー

高血圧対応に欠かせないアラキドン酸

血圧の問題は年齢が高くなるほど起りやすいものです。
若い時には正常だったのに、年齢を重ねていくうちに高血圧になってしまう、これは多くの人が経験されている問題です。
血圧は心臓が血液を送り出す際に血管にかかる圧力の事ですが、血液内容が悪くなったり、血管に問題があったりすると、血圧が高くなってしまうのです。

この血圧の問題にもアラキドン酸が注目されています。
アラキドン酸は酵素の働きによってプロスタグランジンという生体調整ホルモンを作り出す材料となります。
生体調整機能が正常であることが高血圧を予防する事にもつながります

年齢が高くなると糖尿や肥満などによって野菜中心の食生活になります。
運動不足や食生活などの問題によって起こる糖尿や肥満を改善するためにこうした食生活の指導を受けるのですが、肉類、魚類、鶏卵などの摂取が少なくなると、どうしてもアラキドン酸が不足してしまうのです。

また高齢となるとアラキドン酸の合成能力も低下するため、意識的にこの成分を接種していくことが求められます。
血圧コントロールに欠かせないアラキドン酸を必要量継続して摂取することが高血圧予防につながるという事を意識し、適度に肉類や魚類を献立に活かし、足りない分はサプリメントなどを利用し補っていくことが大切です。

このページの先頭へ