アトピー

アラキドン酸に関する豆知識

アラキドン酸は胎児、乳児に欠かせない成分であり、体内での合成能力が減少しているご高齢者にも欠かせない成分として知られています。
私たちの体を構成する細胞の構成成分として不可欠であると同時に、免疫機能の調整などの働きがあり、健康的に暮らしていくために欠かすことのできない成分です。

たくさんの有効的な働きがありますが、知っておいてほしいのが、ウイルス感染や細菌感染に強い体にしてくれるという働きです。
現代は新しいウイルスや細菌類との戦いとも言われています。
ウイルス感染や細菌感染の流行があった際、感染しにくい体を作る事、また感染しても重症化せずにすむために、アラキドン酸が有効なのです。

免疫力を調整するということはアラキドン酸を摂取することで、病原菌などに強い体を作るためのサポートとなります。
特に免疫力の低い幼児やご高齢者は、アラキドン酸の体内合成能力が低いので、この成分を必要量継続的に摂取することが、病原菌から身を守る手段ともなるのです。

成人の場合、十分な量のアラキドン酸が体内に蓄積しています。
でもご高齢者の場合、食が細くなっているほか、合成能力も低いので細菌やウイルスから身を守るすべとして、アラキドン酸の知識をしっかり持ってほしいと願います。

出産を控えている女性はアラキドン酸含有のPGE2についても勉強しましょう。

このページの先頭へ