アトピー

生殖の機能を快適にしてくれるアラキドン酸

脂質は人が生きていくために必要不可欠な栄養素ですが、摂取しすぎると肥満、またそのほかコレステロール過多など健康に被害を与えてしまうものとなります。
すべての脂質が悪者という事ではなく、脂質の中にも健康にいい働きをする脂質があり、その一つが不飽和脂肪酸、アラキドン酸やEPA、DHAなどの多価不飽和脂肪酸です。

アラキドン酸などの多価不飽和脂肪酸は食事から摂取することが必要な必須脂肪酸ですが、その働きは免疫機能の調整やコレステロール値減少、動脈硬化にも良い効果があるなど多数の効果が知られています。
このアラキドン酸の働きの一つに、生殖機能を調整する働きも含まれています。

生殖機能は子孫を残すために必要不可欠なものです。
アラキドン酸は成人の場合、食事によって補われ、不足するという事がほとんどないといわれていますが、極度のダイエットなどをしている方は、生理がストップしてしまったり子宮の状態が悪くなったりします。
こうしたこともアラキドン酸など必須脂肪酸の極度な不足によっておこるものと考えられます。

脂肪は体に悪いものと決めつけず、適度に良質な脂質を摂取することが健康に生きていく上で重要なことだという事を理解しましょう。
生殖機能に関しても免疫機能に関しても、これらの機能が落ちてしまえば、健康的な生活ができなくなるのです。


このページの先頭へ