アトピー

神経細胞の活性化にアラキドン酸

肉、鶏卵、魚、そして母乳に含まれているアラキドン酸は、多価不飽和脂肪酸という必須脂肪酸で、細胞に深く関係する脂肪酸です。
脳、肝臓、皮膚など様々なところで働き、体内の重要な成分となると成分です。
このアラキドン酸が不足した場合、健康的な生活を送ることが出来なくなるといわれるほど、とても重要な成分なのです。

特に脳について深い関連性を持っています。
脳内部でも海馬という部分に豊富なアラキドン酸ですが、特に神経細胞の結合、シナプスと呼ばれる部分に深くかかわっています。
物事を伝える、情報伝達や記憶、学習などにシナプスは重要で、この結合が減少すると物忘れが激しくなったり、学習能力が低下すると考えられています。

大人になってからも海馬という部分では細胞新生が行われているということが研究の結果わかってきていますので、アラキドン酸を必要量しっかり摂取し、神経細胞の生成を促すことによって、痴呆症などにも良い効果を与えるのではないかと研究が進められています。
乳児の場合、脳細胞が活発に成長していきますので特にアラキドン酸の摂取は必要不可欠となります。
また胎児に関しても神経回路が作られる際などアラキドン酸が重要な成分となりますので、妊婦さんは適切な栄養素を摂取し、栄養不良状態にならないように心がけることが必要です。


このページの先頭へ