アトピー

体内で合成されないアラキドン酸

赤ちゃんの脳の発達にDHAやEPAがとても重要という事は多くの妊婦さんが知るところでしょう。
これに加えて同じ必須脂肪酸、多価不飽和脂肪酸であるアラキドン酸も、とても重要な成分ということがわかってきています。

このアラキドン酸というのは肉類、鶏卵、魚類などに多く含まれていますが、母乳にも豊富です。
赤ちゃんが成長していくために、神経細胞への影響が濃いアラキドン酸の摂取は欠かせない物なのです。
リノール酸の摂取から一部、体内でアラキドン酸への合成が出来るという事がありますが、通常、体内で作り出すことができない成分なので食材から摂取することが必要な栄養素なのです。

特にこの体内で作り出すという事に関しても、乳児、ご高齢者はこの力が弱いため、意識的にアラキドン酸が含まれる食材を摂取していくことが必要となります。
乳児の場合はこの成分が豊富な母乳、またこの成分が配合された粉ミルクによって摂取していきます。
高齢者の場合、食事のほか、まだ足りないという事であれば、アラキドン酸配合のサプリメントなどがありますので、利用している方も多くなっています。

免疫機能調整のほか、コレステロール値減少、動脈硬化予防、さらには記憶や学習能力をアップさせる成分です。
必要量摂取し健康に役立てていきましょう。


このページの先頭へ